NHK籾井会長が就任記者会見での発言について謝罪

2014年1月31日、NHKの籾井勝人会長が衆院予算委員会に参考人として出席し、野党議員による「1月25日の就任記者会見での発言が放送法に抵触するのではないか」との追及に対し、「先日の慰安婦発言等でお騒がせした」と述べました。翌日2月1日の朝日新聞などでは、「個人の意見、放送に反映させない」「NHK会長国会で陳謝」と、大々的に報じられました。しかし、実際の国会中継をみる限りは、籾井会長は不敵な笑みを浮かべて答えるなど、豪快な人間性の一端をみせている様子でした。

今回のザ・ファクトでは、取り上げられた籾井会長の発言、そしてそれを報じた朝日新聞などの論調に関し、ポイントを3点お伝えします。

ポイント1:籾井会長の発言はありのままの事実を述べたもの

まずおさえておきたいことは、籾井会長が謝罪する必要はないということです。朝日新聞、あるいは昨日質問した国会議員などは、籾井会長の発言を「政府寄り」「偏っている」などと批判していましたが、慰安婦がどこの国にもいたということ、そして韓国との保障問題は解決済みだということは、ありのままの事実であります。それを政府寄りだなどといって批判するのはお門違いではないでしょうか。

ポイント2:NHKには日本国益の実現を図った報道をしてもらいたい

NHKには公共放送として、日本の利益の実現をこそ図っていただきたいと思います。籾井会長には、中国・北朝鮮・韓国などの人権抑圧的な面、あるいは独裁的な面や攻撃な面をきちんと報道し、万が一にも日本人が他国の支配下におかれることのないように、リーダーシップをふるっていただきたいと強く願う次第です。間違っても、中国・北朝鮮・韓国の利益を実現するのが日本の公共放送としての目的ではありません。

ポイント3:言論の自由を否定するかのような朝日新聞

また、朝日新聞には、「言論の自由を否定するのか」という問いかけをしたいと思います。もし、第一権力ともいわれる大手マスコミが「自分たちの意見に沿わないような意見は国会を使ってでも封殺・圧殺していくんだ」と行動するならば、言論の自由は死に絶え、多様な言論を失った結果、民主主義も死んでしまうでしょう。これこそ、国家の危機に違いありません。仮に籾井会長が「従軍慰安婦はいました。性奴隷でした。日本は、謝罪し、保障しなければなりません」と言っていたら、朝日新聞ははたしてこれほどまでに騒ぎたてたでしょうか。そうではないように思われて仕方がありません。このように考えますと、日本のマスコミはやはり、もっと日本の国益を図った報道をしなければならないと思います。

本音がわかる!籾井勝人守護霊の霊言発刊

1月31日、国会予算委員会に先だち、大川隆法総裁は籾井会長の守護霊へインタビューを行いました。籾井会長の本音を聞いてみたいという方は、『NHK新会長・籾井勝人守護霊 本音トーク・スペシャル』と題して緊急発刊された書籍をぜひご一読ください。