日本政府が米海軍に提供しているが、現在は使用されていない尖閣諸島の射爆撃場。今年4月、この場所について「1978年に米政府が米軍に使用停止を指示していた」ことが機密解除された公文書で明らかになりました。
尖閣実効支配に関わるこの問題に、日本はどのように対応すべきなのか?ロバート・エルドリッヂ氏に話を聞きました。

00:00 オープニング
00:27 尖閣諸島の射撃場が使われなくなったのは何故?
07:05 今後、どのように活用すべきか
10:25 日米首脳会談では尖閣問題について何が話し合われたのか
13:16 射撃訓練場問題に関する中国への対応
15:40 日本が取るべき方策

11.20 eld

【ロバート・エルドリッヂ氏】
エルドリッヂ研究所代表。政治学博士。
1968年米国生まれ。
神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。
元在沖縄米海兵隊政務外交部次長。
東日本大震災の「トモダチ作戦」の立案者。

<ザ・ファクト尖閣関連動画>

尖閣諸島を中国の侵略から守るために日本政府がすべきこと【ザ・ファクト】

サムネイル

バイデン大統領就任後の「尖閣問題」はこう動く!国際政治学者が語る尖閣防衛戦略
【ザ・ファクト×ロバート・エルドリッヂ氏】

サムネイル_尖閣

<シリーズ「尖閣諸島は日本の領土」>

https://youtube.com/playlist?list=PLF01AwsVyw321Pwn3-S6ki8IuQmfpy4X2