バイデン政権発足から半年が経過したが、バイデン政権は大統領選で掲げた公約を実行できているのか?カマラ・ハリス副大統領の仕事ぶりや、民主党と米主要マスコミの蜜月関係について、国際政治学者のロバート・エルドリッヂ氏に話を聞きました。

00:00 バイデン政権発足半年で、エルドリッヂ氏の政権への評価は?
05:53 カマラ・ハリス副大統領の仕事ぶりとは?
07:37 アメリカ主要メディアと米民主党の蜜月関係
09:32 変質しつつあるアメリカの平等精神
12:11 バイデン大統領の健康不安説
16:00 二重バイアス状態の日本の米政権報道

11.20 eld

【ロバート・エルドリッヂ氏】
エルドリッヂ研究所代表。政治学博士。
1968年米国生まれ。
神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。
元在沖縄米海兵隊政務外交部次長。
東日本大震災の「トモダチ作戦」の立案者。

<関連動画>

THE FACT『ロバート・エルドリッヂ氏対談』シリーズ
https://www.youtube.com/playlist?list=PLF01AwsVyw308q3DP1rSCHxEv4Ao9-Q3t

エルドリッジさん