5月3日に憲法記念日を迎え本来ならば憲法議論が活発になるはずだが、自民党を揺るがした裏金問題などの影響で一向に進まない憲法改正。しかし、世界的には“もしトラ”が注目され日本にも国防・安全保障の制度改革が求められる可能性が出てきている。今回のザ・ファクトは国防・安全保障の観点から迫られる「脱・平和憲法」と日本の覚悟についてお届けする。

00:00 裏金問題で一向に進まない憲法改正議論
01:32 多発する紛争で緊迫する国際情勢 安全保障の観点からどう見るか
04:49 「新・日本国憲法試案」第五条を紐解く
07:55 トランプの再登板が現実となった場合 日本に迫られる安全保障体制とは

<出演>
里村英一(幸福実現党 政調会長)
司会:新村幸久(ザ・ファクト ディレクター)

憲法記念日企画<前編>の動画はこちら!

【憲法記念日】現行憲法は“国家の背骨”を抜くためにつくられた⁉ 理想の憲法の在り方とは【ザ・ファクト】

こちらの動画もご覧ください!

「憲法九条改正」渋谷100人街頭アンケート(2022年Ver.)&参院選各党の政策比較から日本の国防を考える【ザ・ファクトREPORT】

<書籍紹介>
【立党15周年】
誰もが日本に生まれてよかったと思える—
そんな国づくりのために、挑戦は終わらない。

書籍画像フォーマット(縦)



『幸福実現党 立党の原点』

漂流しつづける日本——大川隆法党総裁にはこの国の危機が見えていた
2009年に立党された幸福実現党。
その先見性がいかに正鵠を射たものであったか——。
2024年、立党の原点と活動の歩みが収録された本書によって、
幸福実現党の存在意義が改めて明確になる。
→幸福実現党 公式HP