最近発刊された日本の某経済誌では“崖っぷち中国”という特集が組まれ、「ゼロコロナ政策の失敗」「不動産バブルの崩壊」など、中国経済の破綻が表立って取り上げられた。これまでの経済誌の論調は「中国への投資推進路線」が中心だったが、ようやく実態を取り上げ始めた背景には何が起きているのか。また、今年の全国人民代表大会では「国務院組織法改正案」が可決され、共産党の国家に対する権力、習近平の権力集中が一層強まっている。 今回のザ・ファクトは中国問題専門家の澁谷司先生をお招きして、中国経済への論調の変化の背景と、中国共産党内で起こっている変化に迫ります。

00:00 オープニング
01:06 経済誌が「中国経済の破綻」を取り上げ出した背景とは
08:51 中国経済破綻の「最大の要因」とは?
16:24 「台湾と中国は別の国」欧州議会による決議

【ゲスト:澁谷司氏】

Still0516_00000

YouTubeチャンネル 澁谷司の 中国カフェ

動画の<前編>はこちら!

相次ぐ中国の天変地異は共産党滅亡の前兆か?国内で囁かれる「独裁者の悲惨な末路」 ~シリーズ「中国は今」(ゲスト:澁谷司氏)【ザ・ファクト】

「中国経済の崩壊」に関連するこちらの動画もご覧ください!

【ニュース】碧桂園デフォルトで不動産バブルが完全崩壊へ!「中国が日本の二の舞になる」これだけの理由【ザ・ファクト NEWS SELECT】

【ニュース】消費能力があるのは国民のわずか◯%!?自由主義経済の活動家に聞いた中国内部のリアルな実態【ザ・ファクト NEWS SELECT】

シリーズ『中国は今』

こちらもご覧ください!