中国系アメリカ人のジャーナリスト。
イリノイ大学でジャーナリズムの学士号を取得。
AP通信、シカゴ・トリビューンで勤務した後、ジョン・ホプキンス大学大学院で学び、25歳のとき作家としてデビュー。
1997年、旧日本軍が南京で30万人を虐殺し、8万人をレイプしたとセンセーショナルに描いた『ザ・レイプ・オブ・南京』を発刊。
その後、南京大虐殺をナチスのホロコーストにたとえ、「日本の戦争犯罪を徹底的に追求すべき」と各地で講演。
『ザ・レイプ・オブ・南京』は、反日ロビー活動を展開する中国系アメリカ人団体「世界抗日戦争史実維護連合会」により組織をあげて宣伝販売の支援を受け、いまもなお、日本を非難する政治目的のための手段として利用されている。
アメリカ国内ではベストセラーになったが、事実誤認や写真の誤りが多数指摘され問題とされている。
2004年、自宅近くの路上に駐車していた車の中で拳銃自殺。
晩年は、不眠や鬱病に悩まされていた。
享年36歳(1968年3月28日—2004年11月9日)。