読み方:はがくれ

江戸時代中期、第8代将軍徳川吉宗の頃、佐賀藩士の山本常朝(1659-1719)が口述した武士の心得を、同藩士の田代陣基がまとめた、全11巻の書である。「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」の一節が特に有名だが、人との付き合い方や酒席での心得なども記されており、現代にも通用する処世の技法として、ビジネスマンをはじめ多くのファンに親しまれている。

山本常朝

山本常朝(1659-1719)