中国湖北省宜昌市にある世界最大のダム、「三峡ダム」が今、決壊の危機に瀕している。三峡ダムに詳しい中国専門家の澁谷司氏によると、人的被害は5~6億人にも及ぶ可能性があり、中国経済の40%がダメージを受けるという。今、この三峡ダムで何が起きているのか、今後どうなるのかを澁谷司氏に聞いた。

澁谷先生プロフ写真

澁谷 司(しぶや・つかさ)氏
1953年生まれ
元拓殖大学海外事情研究所教授。アジア太平洋交流学会会長。
ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)のビジティング・プロフェッサー。
東京外国語大学中国語学科卒業後、中国・台湾など、
東アジア国際関係論の専門家として活躍している。

出演者2s

世界最大の三峡ダムとは?

三峡ダム⑦

三峡ダム⑥

里村英一幸福実現党報道局長(以下、里村):三峡ダムは世界最大と言われるダムですけれども、簡単に言うと、どういうダムなのでしょうか?

澁谷:長江の中心あたり、中国の中心と言ってもいいんですが武漢があります。武漢から上流に向かっていくと最終的には重慶・四川省に入るわけですが、その途中にあるのが三峡ダムといって、湖北省宜昌市という所にあります。

地図②重慶入り

三峡ダム⑤衛星

澁谷:このダムはなるべく早く造りたいということで、無理して造ってしまったということがあります。そのダム自体は日本のあらゆる河川の水量を集めたよりも多いというくらい大きくて、一番問題は、一番最初に中国共産党がこのダムを造る時に一万年も耐えられるものを造りたいと言っていたんですが、造っているうちに段々と100年となって、2009年にできた時には10年も持たないかも知れないと、ダムの専門家が言い出したくらいなんですね。

三峡ダム①

三峡ダム③

三峡ダム④

決壊の危機に至った3つの理由

①早く造りたいために焦って杜撰な工事が行われた

澁谷:どうしてそんなダムになってしまったかというと、いくつかの理由があります。一つは早く造りたいということで焦ったために、コンクリートをどんどんつぎ込んでしまって、あんまりまだ乾いてもいないのに注入してしまったという問題があります。

問題点①杜撰な工事

②監督を依頼したオーストリア企業が不合格としたにもかかわらず無視して建設した

澁谷:それから二つ目はオーストリアの会社に頼んで三峡ダムがちゃんとできるかどうかというのを監督してもらうようにしたんですね。そのとき中国人の労働者が一生懸命、鉄筋コンクリートをダムを造る時に入れたんですが、それがオーストリアの会社では全て不合格になってしまったんですね。その時に中国共産党は何を思ったかというと、「それはオーストリア、つまり外国人が中国人をバカにしているからそういう風にしたんだろう」ということで、その不合格のまま工事を進めてしまったんですね。

問題点②オーストリア企業

③ダム建設を推進した李鵬首相の親族企業が賄賂を受けたために手抜き工事となった

澁谷:それから一番は何かというと、天安門事件の時に弾圧が始まった李鵬首相、昨年亡くなりましたけれども、その李鵬首相の一族の関連会社が三峡ダムを造ったんですが、数千億円と言われている賄賂を受け取ったために手抜き工事となってしまったんですね。そのために10年持てばいいだろうということになってしまったんです。

問題点③李鵬

Google Earthでダムが湾曲していることが判明!

澁谷:そして昨年なんですけどもgoogle earthでダムがしなっている、湾曲しているということが分かったんですよね。

Google earth2018

澁谷:ところが中国政府は何を言い出したかと言えば最初に、「ダムはこのように湾曲するように作られている」と言い出したんですね。でも湾曲するダムなんて普通ないでしょ、ということでみんなあきれ返ったんです。そのうちに説明が二転三転して、「あれはgoogle earth自体が真直ぐに映らないようになっている」ということで、「どうだ、うちが写真撮ったけれども真直ぐだろ、これを見ろ」ということで、自分たちが撮った写真を出してきたわけです。ところが今、どうなっているかというと、どうもダムがCGになっていて、CGだから当然真直ぐになっているんです。でも実際は湾曲しているみたいなんですね。

Google earth2020

三峡ダムの放水により下流で洪水が発生している

澁谷:ですから三峡ダムはいつ決壊してもおかしくないと言われているんですが、特に今、中国では豪雨に見舞われております。そのためにどういうことが起きているかと言いますと、三峡ダムから放水が行われました。それはダムが決壊しないように少し出したと。そのために下流の武漢なんかもかなり水浸しになっているようです。その前に上流の四川省及び、重慶あたりで小さなダムを決壊させているんですね。そのために上流での大きな洪水が出ておりまして、それはどうしてかと言ったらもし上流でダムが決壊させなかったら三峡ダム自体が決壊する可能性があるということで、それで実は上流の小さなダムを決壊させてそこが洪水になって困っているという、そういう状況なんですね。

放水

里村:中国の川っていうのは本当に大きくて、日本人がイメージできないくらいですよね。ものすごい広い川幅なのに流れがものすごく強い。普通日本だと川幅が広いと流れは結構ゆったり何ですけど、特に長江の中流から上流にかけては日本人の感覚では信じられないような勢いがありますよね。

澁谷:実際、海みたいな感じしますよね。

三峡ダムが決壊した場合の被害状況は?

経済的被害

里村:さてこのダムが万が一、決壊するとなるとどんな被害がでるんでしょうか?

澁谷:中国経済の40%は最低でもダメージを受けるであろうと思います。なぜなら武漢もそうですけども、下流にある南京と上海まではおそらく完全に水浸しになって、場合によっては土砂が長江流域の工場地帯とか水田地帯、農作地帯を全部だめにする可能性がありますよね。場合によっては上海が海になる可能性も有り得ます。漢字で書くと面白いんですが、中国語で「上海变海上」と書くと、「上海が海に変わる」という意味になります。実際、そのように言われているくらいなんです。ですから上海も無くなる可能性がありますね。

上海変海上

人的被害

里村:人的被害も大変なものになるんでしょうか?

澁谷:そうですね。おそらく最低でも一億人くらいは亡くなる可能性あるし、被害受ける方は5~6億人と言われています。ですから全人口14億人の3分の1くらいが被災する可能性があります。

最低デモ一億人

日本への影響

里村:当然、対岸の日本にも影響が出てくる、日本への影響はどのくらいなんでしょうか?

澁谷:ご存知のように武漢発の今回の新型コロナウイルスですら、日本企業への影響がかなりあった。つまりサプライチェーンが寸断されたわけですよね。今回もし三峡ダムが決壊した場合、武漢・南京・上海にある日本の企業・工場はほとんどダメになるわけですから、今回のコロナウイルス以上のサプライチェーンに対するダメージがあるのではないかと思われます。ですから日本企業はいち早く日本に戻るべきではないかと個人的には思います。

決壊した場合_二歩企業

場合によっては核兵器に相当する破壊力がある「三峡ダム崩壊」

澁谷:もう一つ付け加えますと、中国共産党としては何とか台湾を悲願の統一へということを願っているかもしれませんが、万が一中国が台湾を攻撃したら、台湾はおそらく三峡ダムに中距離ミサイルを撃ち込むということを狙って、実際に今、中距離ミサイルを開発している所なんですよね。そういう意味では三峡ダムというのはかなり中国のアキレス腱になってるんじゃないかと思われます。

里村:被害規模で言ったら、極端にいえば、核兵器に相当するくらいのインパクトがありますね。

澁谷:核兵器よりも上かも知れませんね。というか、三峡ダムを造るという時点で既に中国のアキレス腱になるんじゃないかと言われていたんですが、実際にそうなったということです。

里村:中国は今、非常に強硬姿勢が際立っていますけど、いろんな意味でアキレス腱も見えてきたということを理解できました。今日はありがとうございました。

澁谷:こちらこそありがとうございました。

三峡ダム②

こちらもご覧ください

全人代開幕前日に北京で雷鳴!香港版「国家安全法」の裏で中国共産党が内部対立!?〜シリーズ「中国は今」⑥【ザ・ファクト】
https://thefact.jp/2020/1988/

サムネイル_香港編

中国の半数近くの平均収入が○○円だった! 全人代で分かった経済成長の“ウソ” 〜シリーズ「中国は今」⑦【ザ・ファクト】
https://thefact.jp/2020/1997/

サムネイル_経済編